おもいをかさねて - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残念ながら、ロマンチックな話ではない。
「重複」という字をみなさんはどう読んでいるだろうか。私は「ちょうふく」である。
仕事柄、文字校正をすることも多いのだが、出版方面のガイドラインでは「ちょうふく」「じゅうふく」ともに可となっている。私の周りを見る限りでは4・6か3・7ほどの割合で「じゅうふく」派が多い。

私はこの読み方が嫌いである。「ちょうふく」の音はスマートで知的な響きがある。それに較べ、「じゅう」と濁音が入ると重い感じがする。そう、重いのだ。

「重」の字には主に二種類の意味がある。「重い」と「重なる」だ。
漢字だから、中国語での意味もほぼ等しい。現代中国語では「重」の音は、「重い」の意では「zhong」であり、「重なる」の意では「chong」になる。
zh、ch、の音から連想できると思うが、これは日本語の音読、じゅう・ちょう、と対応していると推測できる。

重い=zhong=じゅう
重なる=chong=ちょう

「ものごとが重なる、重ねる」の意味では「ちょう」の音が適切と言うことになる。つまり「ちょうふく」の方が正しいのだ。
「捲土重来」も「けんどちょうらい(じゅうらい)」と辞書に併記されていることがあるが、「また来る」のだから「ちょうらい」の方が適切である。

ひとつの意にはひとつの音を対応させる方が体系的な気もする。それを言ったら「重」の一字に、すでに二つの意味が分裂してしまっているのだが、「重」の字形を見れば連想できるだろう、さながら『笑点』のざぶとんのようじゃないですか(「笑点」て変換されないのね)。「積み重なって、重い」と言うところから意味が分岐しやすかったと推測する。

しかし、自然言語と言うのはそう体系化はなさない。二重・多重・重箱・重職・重婚、どれも重ねる、重なるの意だが、読み方はどうにも「じゅう」である。
「重々承知しています」と言うのも、「チョーチョー承知しています」などと言ったら、相手を馬鹿にしていると誤解されてしまうかもしれない。

想いと言うのは、なかなか重ならないものである。

[related]*コトバ

comment


  管理者にだけ表示を許可する

Re: おもいをかさねて

興味深く拝見させていただきました。
最近、日本語が乱れていると嘆かれている方も多いようですが、「重」という文字一つとってもこれだけの意味があるのですから、嘆いている人もそうでない人も普段使っている言葉を顧みる必要があるのかもしれません。
「言葉」、いえ「言葉」についてだけでなく非常に面白いブログを書いていらっしゃる方がおられます。余計なことかと思いましたが、お手すきにでもご覧になってください。
http://blog.goo.ne.jp/bonito_1929/m/200601
もちろん、私が書いたものではありません。
ちなみに私も「ちょうふく」派です。

Re: senjuさま

「gooからFC2に引っ越してきた第一歩」と言う記事を書いていたsenjuさま、でしょうか?
同じエッセイカテゴリから来てくださったのですね。

私は、FC2はスキンのカスタマイズが魅力で始めたようなものです。
「FC2のブログは機能は優れているけど、おもしろい記事を書いているブロガーが少ない」という声も一部ではあるようです。
私もロクな記事を書いていない、そのひとりでして。

「goo」はおもしろい記事を書くかたが比較的多いと聞いています。私の巡回先のいくつかもgooにあります。
ご紹介くださった先もgooブログですね。

FC2ブログでリスタートした、senjuさまの記事も楽しみにしています。
よろしければ今度はURIを残して行ってください。ここから流れ行く人は多くないでしょうけど…

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。