「このへん」 - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログのコンテンツは時系列で積み重なってしまうため、過去ログが埋没しやすいことが特徴だ(問題だ、とは言わない)。
そこを緩和する方法がないかと始めたのがカスタマイズだったし、このブログの初期の記事もその考察ばっかりだった。いまや記事数も100を超えて、その埋没と言う特性も顕著化している。でもあまり気にならなくなっている。

なんでかと言えば、過去の記事を書いた時点の自分と、現在の自分の自我が違うからだ。自我、っていうと大袈裟だが、いま読み返してみると、なんでそんなこと書いたのか恥ずかしくなる記事もあるってこと。そんなものは埋もれるにまかせるに限る。
ほじくりたい者はほじくりたまへや。誰がためにブログにアーカイブはある。

それに単純に最新、最近の記事というのはやはり重要だったり、おもしろかったりするわけです。過去の記事では、時流と外れて無意味になってしまっているネタもあるのですから。

ブログには基本的に「月別」と「カテゴリ」の二大アーカイブがある。以前、このふたつの違いを述べたことがあるが、一言で端的に言えば分類の「客観」と「主観」だ。

月別は、記事の投稿時間という揺るぎ難い客観基準に基づいて、記事を分類してくれる。一方、どういうカテゴリを、いくつ作るかはブログの運営者次第。適確な分類がされていなければ役に立たないし、さらにそれが適確な分類かなんて客観的な判断基準はないのである。

ある意味、カテゴリは分け方、名称や内容が適確かどうかよりも、「どういうカテゴリ項目をたてているか」自体が、そのサイトの個性や主張になっているかもしれない。
全部『日記』の1カテゴリで投稿されているとか、かなり細かく分野区分をしているとか、それ自体がサイトの性格をもの語ってしまう。

月別ログとカテゴリ、それから最新(リーセント)はどこのブログでも必ずあるメニュー項目だ。
私はそこに「Favorite」とか、「Recommend」のような項目も標準装備されてしかるべきだと主張してきた。そういったメニューは、カスタマイズでスキンのHTML上(あるいはプラグインのフリーエリア)に追加することもできるし、「リンク」を代用することも考えられる。
ウェブログの機構上に組み込まれたメニューではないが、そこをプラグインで実現したのが拙作「picked up!」だった。

で、改めて考えるとこの「picked up!」は、ブログのメニューに新しい項目を増設すると言う、既存とはちょっと別の価値基準を持ち込んだ側面もあったと言える。もちろん「おすすめ記事」のような項目を作っているブロガーはたくさんいるので、とりわけ新しいものでもない。

システム上で(つまりエントリの投稿と同じ手順、管理画面で)、たとえば項目にチェックを入れるだけで、「おすすめ記事」のピックアップができれば便利だろう。
でも「おすすめ記事」をピックアップするには、自分の過去記事を読み返すことが多いはずだ。そうすると過去ログを読んでいる画面から、管理画面に移ってコードをペーストする「picked up!」は、正規管理項目があったとしても、それとそう大差ない手順でピックアップリストが作れると言える。リストから削るのはちょっと面倒だが。

もうひとつ。「おすすめ記事」が、リーセントエントリやカテゴリとは決定的に違う点がある。
カテゴリは投稿時に選択する項目だが、過去ログのピックアップはずっと後に行われる行為だ。最新の記事をピックアップリストに入れる必要はないし、投稿時に「おすすめ」指定をする意味もない。
投稿後、一定期間が過ぎてから、反響があった話題の記事や、読んでもらいたい記事を埋没させない手段である。


私もいろいろプラグインを入れてみたくて、せっかく今のスキンにサイドを作ったので、自作「picked up!」を設置してみようと思った。
そこで気づいてしまった。
…何をピックアップすればいいのだろう。

もちろん、自分でよく書けていると思う記事や、埋もれさせたくないものもある。しかし「おすすめ記事」とは、閲覧者に対し「これ読んで」と言う、結構な自己主張だったりするのだ。
「カテゴリ」が主観的な記事分別である、と書いたが、「おすすめ記事」はそれどころでない、完全に主観的な記事分別だ。
カテゴリは比較的、記事内容に則して振り分けをしているが、「これ読んで」と言う主張は私にはできそうにない。

そこでいいことを思いついた。
「おすすめ記事」とか「推薦エントリ」とか「ピックアップ」なんて項目にするから抵抗があるんだ。

「このへん」ならどうだろう。

うん、これなら行けそうだ。
「このへんを読んでください」なのか、「このへんをクリックしてください」なのかよく判らないけど、「このへん…」だけで語尾が消えてしまうところが、乙女の恥じらいのようでたいへん奥床しい。
もしかして「このへんは読まないで」かもしれない。


[このへん]
HARUKIYA ARCHIVES「インターフェイス」
てんぽ「『こちら』リンクは損!?」
R'style Lab in FC2「過去の自分は恥かしい。」
FCafe「カテゴリと検索」
[カテゴリ]*blog-logy*ブログデザイン考

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。