ポスト・ブロギズム ”post-blogism” - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■並列主義

「blog-logy」では「こんなスキンが欲しい!」を追及してゆくのですが、では私が理想的と思っているスキンは《並列》なのか、というとそうではなかったりします。(スキン=テンプレート:特に用語の使い分けはしていません)

じゃー、前回くどくどと「並列」を語ったオマエは何なんだ。と怒られてしまいそうですが、前回は「weblogという機構自体のアンチ」を述べたのであって、ブログを使っている以上、「直列」管理下に置かれるのは仕方ないと考えています。


というよりも、そういう「非直列テンプレ」はweb作家さんたちがとっくに用意してくれています。
FC2で代表的なものと言えば、webbingstudio氏の『website』が挙げられるでしょう。
他にもpcafe氏の『odin』、『float』、 hizumii 氏の『polaloid』シリーズなど、ほかにもいくつか配付されている。

skin-weblogs.jpg

skin-odins.jpg



これらは同じ系統のスキンかといえば、それは私が勝手に系統づけているだけで、一皮むけばそれぞれ違いはあります。
私の解説はいささか牽強付会ですので、正しくは作家さんたち自身の解説を読むことをオススメします。

ウェビンブログhttp://webbingstudio.blog10.fc2.com/blog-entry-76.html

で、私の牽強付会な解説ですが、さきほど挙げたスキンに共通するのは「トップページに記事を表示させない」ということです。
直列の最たるものはコンテンツ(記事)の重層なのですから、これ自体を見せずに、「カテゴリ」や「アーカイブ」と言った入り口を別途与えてやることによって、並列化させています。これなら「ひたすら時系列に、内容(カテゴリ)も関係なく一直線に並ぶ」状態を、充分に緩和することができます。


そして並列にはもうひとつのカタチがあります。
たとえば、lovehelm氏の『12th_scroll』や、lostw0rld氏の『lostw0rld1』がそうです。

skin-12scrolls.jpg


実装例:12th_scroll
実装例:lostw0rld1

これは、記事表示が並列なんですね。
いささか重力に逆らいがちの感はありますが並列です。

前回までの私の話を読んで下さった方には、私が主張していた《並列》は、どっちかというと前者のスタイルだろうと思われるでしょう。後者のは「見映えが並列的」なだけですから。
何ですが、気分的には後者の「並列」を指示したいのです。
基本的には、やはりトップページでは記事が露出していた方が好ましいからです。この辺、詳しくは次回のテーマである「ポエツスキン仕様基準」で取り扱います。もし書きわすれてたら「記事露出の件について予告してたじゃねーか」と喝を入れてやって下さい。

もとい「並列表示スキン」で1画面に一度に表示されるのは、2記事前後(ディスプレイ依存)ではあるのですが、最も回避したかった「1記事投稿しただけで、2番手以降が押し下げられて見えなくなってしまう」
また、それに伴い「新着記事の方が、新しいというだけで、それ以前のものより価値(位置)が高くなってしまう」といった状態をそれなりに緩和してくれてると思うのです。

私の文章が長いのがいけない、といえばそれまでですが、本件『ポスト・ブロギズム』のすぐ下に、前記事『アンチ・ブロギズム』があるはずですが、見えないんですね。でも「並列表示スキン」であれば、実装例を見てもらえばわかりますが、2つの記事は仲の良い姉妹のように並んで表示されてるじゃありませんか!

ここまで書いて気づいたのは、「並列指向」というのは、(新しい程いいという)価値観と差別への抵抗でもあるってことです(ホントかよ… OTL)。


この後の回で、断続的に「FC2共有テンプレート批評」を連載していくつもりですが、少し先行して『12th_scroll』と『lostw0rld1』について、ちょこっと言及すれば、


惜しむらくは「並列同画面表示」に特化しているわけではない

点です。というか、もとよりそんなコンセプトのテンプレではないと思うんですよ。私が勝手に期待してるだけで。誤解のないように繰り返すと、「私的にはこういうスキンが欲しい」という主観を述べているだけですから。
この2つのスキンは、解像度1024×768のディスプレイで見ても、2つ分の記事が完全に表示されません。
タイトル周りなどにスペースを取っているので、記事が見切れています。

たとえば記事表示部分を 320~350×450~500 前後にして、余白を取りすぎないようにして並べます。
タイトルや各種ナビゲーションの位置を工夫すれば、2、3件の記事を見切れなしに「同画面表示」させられます。(800×600ディスプレイでも2件は確実)


うーん、ではこれが『ポエツ』のカスタマイズが目指す姿なのか…
となりますが、「ああ、まだ引っ張るんだ」とか思われそうですが、とりあえず保留にさせて下さい。

「記事並列同画面表示」
えー、つまり「複数の記事を並列に一画面内に表示させる」というコンセプトは、かなりいいんじゃないかと思います。
まあ、今回も長文になりましたので、これくらいで。

[カテゴリ]*blog-logy*ブログデザイン考

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。