ゴドーを待たせながら - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたが魔法を使うことはわかっていて、
その魔法にかかっているのは幸せなのかどうかわからなくて、
それは魔法が切れる日の来るのをわかっているから。
答えはいつもいつもとても単純な積み重ねの向こうにあって、
単純な積み重ねだからこそ自分には向いていない。

たぶん、もっとも確かな方法はこれしかない。
その魔法が切れる前に、今度はこっちが魔法をかける。
@The World vs. Star Platina 「今度はこっちが時を止めた」!


Grasshopper Enterprises「時間の止め方」
たしかに秒針が止まって見える。言われてみれば、日常でも秒針が止まってみることはある。
私の長年の考え方で言えば、「時間」というのは果たして物理法則に属しているものか疑問がある。時間と言うのは観念の中で流れているものでしょう? それを言い出すと空間把握でも何でも観念だし、人間が言語化によって外部を認識している以上、すべてが観念だ、とも言えてしまうのだけど。

それは極論としても、よく言われるように、「空間」が物質に還元できるのに対し、「時間」は質量がない。〈時間子〉というのも存在しない(未発見)。時間を動かしているもの自体がわからない。また「時間が動いている」として、「空間が前後に移動できるのに対し、時間は常に過去から未来への一方向へしか移動できない」という考え方にも陥穽があると思う。「過去から未来」が「前後一方向」と捕らえていること自体が、人間の主観でしかない。前後一方向だと測量しないと証明にならない。ってことで時間て、やっぱり物理法則じゃないのではないかと。
ちなみに「時を止める」ことができたとして、止まった世界では光すら止まるはずです。もちろん磁力もね。視覚というのは、目に入ってきた光(の粒子or波長の反射)を解析して得ているものです。仮にその「止まった世界」で、自分の肉体だけがその物理的静止法則から自由だったとしても、そこで動いたところで、満足に視覚すら得られないんじゃないでしょうか。だって光も止まってるんですから。

他人の不幸は蜜の味「3/23日記(蕎麦の薬味メモ)」

・蕎麦の香りというのは大変デリケートな物だと思う。注意して味わわなければ分からない。


ここ数年は『最後の晩餐』には「日本そば」と決めている私です。
台北でもそれなりに(中華はもちろんですが)、パスタでも、日本式ラーメンでも、カツ丼・うな丼でも、なんとかなるんですが、蕎麦だけはたぶんいけません。
まだ学生の時分、三月上旬の寒いころ、相方と鎌倉まで蕎麦を食しに参りました。猫舌のせいで、子供の頃はざるそば派でしたが、大人になってからは熱い派だったんです。ところがそば屋に入ると、「うち、熱い蕎麦おすすめしてないんですよ。薫りがなくなるんで。熱いの食べるんでしたら、うちの味だと思わないで下さいね」とか注意されるんです。時刻は夕暮れで、暗くなるとともにしんしんと冷えてくるころ。熱いのがすすりたいんで、意地でも熱いので通しました。相方は逆に意地でざるそばを頼んでました。

上記の記事を読んで若干恥ずべきこととは思うのですが、私はネギもワサビもどばどば入れる派です。そうしちゃえばコンビニの蕎麦でも似たような味になります、ってそれがいけないんだって。ハイ、ケチャップやマスタードなども同様な使い方をしますです…。
[関連]「つれづれ蕎麦」


R30::マーケティング社会時評 「劇評『ベケットライブvol.7 見ちがい言いちがい』」
まだ読んだことがないジェイムズ・ジョイスもそうだけど、これらの作品って、「人類が核の火を持った」というのに似ている気がする。ブンガクというワクを超越しているような。とても偉大な発明には違いないし、それを建設的な方向に転化できるかは人間次第なのかもしれない。
「闇」という言葉について、一部従来的な解釈と齟齬があるので注釈する。
闇と影は違う。「闇」は始まりにあるもの。開闢の時から世界をあまねく満たしている、善悪でも清濁、正負でもない。「光」は闇の中に作り出される力で、その力が呼び起こすのが「影」。光が強ければ強いほど、影は深く濃くなってゆく。
光と影の相克がドラマであるなら、『ゴドーを待ちながら』は清も濁もない「闇」なんだと思う。そこに巨大な空虚を見て、恐ろしさや寂しさを感じるか、あるいは静かな闇に安らぎを覚えるか。

『ゴドーを待ちながら』なんてタイトルを聞くと、演劇論をぶっていた学生時代を思い出す。私はいま、何を待っているんだろうか。
たぶん、もっとも確かな方法はこれしかない。
ゴドーを待つんじゃなくて、今度はこっちがゴドーを待たせる。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

今年の花見も飛鳥山?

ダンナ、煩悩ってやつはなかなかどうしようもなくって。ダンナみたいに、うまいこと煩悩をじゃらせるようになったら、人生もさらに楽しくなるちゃ思うんですけどね。

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。