なんとなく、黒いスタイル - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洵さんのところ(参照)で、黒を基調にしたテンプレートをデザインをしたいと話題にしたので、さっそくやってみました。
webデザインに限らず、私はあまり黒を使いません。今回も純黒(#000)ではないのですが、それでもこれだけダークな配色をしたのは初めてでした。

デザインでも、ふだん着る服や持ち物でも、黒を好んで多用する人は、私が思うに、相当優れたセンスの持ち主か、あるいはとても無頓着な性格の人です。もしくは天性の鋭いセンスを備えているが故に、無自覚に黒を扱えてしまい無頓着でいられる場合もあります。
「黒」はそれだけ強く、そして恐ろしい色です。黒を制御するにはそれなりの力量が必要となります(だから私はあまり使いません)。私の体験として、自覚的に画を描いたり、デザインや配色を考えるようになっていく中で、黒の難しさ・怖さを思い知ったことが、私のデザイン思想に大きな影響を与えました。

黒って無難な色だし、黄色・赤・紫なんかを、別の色と組み合わせるのに較べたら、ずっと扱いやすいのではないか?
たしかに3系統以上の色を組み合わせる場合、黒を入れれば比較的安定感があるかも知れません。ただ黒は力がありすぎると言うか、色彩の持つ”霊力”みたいなものが、他の色とはちょっと違う気がします。

最近はデジタル的に彩色する作業が多くなってしまいましたが、水彩やアクリル絵の具では、セットに入っている「黒」は使わない方がいいです。これは単に顔料の物質的な問題かと思うんですが、他の色とはぜんぜん馴染んでくれない。黒を使う場合は、適当に何色か別の塗料を混合して黒を作ります。白以外の暗色系の絵の具を混ぜていけば、とりあえず黒に近づいていくはず。
それから、ある色を濃くしたい・暗くしたいときも、黒を混ぜるのはお薦めしません。水彩やアクリルの黒は成分のせいか、混合しても馴染まないし、少し配合しただけで色調に”エグみ”が残る。ちょうどみそ汁に入れる煮干しは頭をとらないと臭みが残る、ような感じでしょうか? 美術教師の方が「セットにある黒は使うな」と指導されるのは、そんな理由かと思います。

webデザインで、黒と並んで気になっているのは「白」で、「白を配色したデザイン」をしてみたい。
「白」と言うと、実は色ではなくて「無色」の「地色」として扱われてしまうことが多いのです。DTPをやっていると自覚的になりますが、Adobe Pagemakerなんかではカラーパレットに「紙色」とあります。これは言わば「白」なんですが、印刷する紙が「白」だという前提なんです。色のついた紙に白インクで印刷するのは特殊なものです。
工業デザイン(立体物)では白も「色」と意識されて用いられているように見えますが、webデザインは印刷物同様、「白」がベースカラー〈無色〉〈地色〉として使われているものがほとんどだと思います。まれに白を”白色”として意識的に配色されているデザインを見て、ハッとさせられる時があります。
そんなわけで、次のデザインの配色は「地色ではない”白”」を実現できたらいいなあ…

comment


  管理者にだけ表示を許可する

Re: なんとなく、黒いスタイル

うちのブログで黒を基調にする話をしてもらっていたのに、反応が遅れました~
自分のサイトの改装中で頭が腐っているもので…ごめんなさい(´Д`;

やっぱり耳呈さんにとっての「黒」は#000000ではなく、微妙に調節された色のひとつなのだなあと。
黒を使うのが怖いというのは、それだけ色にこだわりを持っている証拠なのでしょうね。
私なんかその辺が無頓着だから、

描画ソフトで適当に色を置く

なんじゃこりゃあああああ!

やりなおし

という効率の悪いことを良くやってます。

…と、そんなことの繰り返しでは人としてまずいので
>地色ではない”白”
を新デザインのサイトで挑戦中です。
でも、耳呈さんのような柔らかい方向にはならないんですよね。性格ですね(笑)

あ、今気づいた。なんとなくクリスタルですか(爆)

「なん黒」

なんとなくクリスタル(爆)

分かってもらえただけで、もお頭が上がりません(そんなタイトル付けちゃダメ!)

#000000は艶っぽすぎて、まだ私には着こなせそうにありませんでした。
白と黒だけなら意外と無難にまとめられましたが、もう1色背景色を使えって言われたら困ると思います。

今回は白じゃなくて、単に地色なので… 「地色ではない”白”」なかなか思いつきません。

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。