トラックバックを辿って - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灰天さんの『わるいおもいで』に「最近のトラックバックで嘘をつかない」と言う、今からちょうど1年前の記事があります。
現在のプラグインのトラックバックリストも変らずそのままの構成で、「トラックバック一覧」から、いったん対象の記事個別ページを開いて、そこからようやくトラックバック元を参照できる。
改めて考えてみて、新着リストからいちいち記事を開いて先方を探すというのは、運営者にも閲覧者にも面倒なことだと思った。

そんなわけで、一覧からトラックバック元を参照できる、ごく標準的なトラックバックリストですが、こちらを共有登録するつもり。
灰天さんの変数組みのように(つーかパクry)、トラックバック送信元/受信先の両方辿れるようにしたのだけど、両者のパーマリンクのタイトルを入れてしまうと、サイドバーにリストを置いた場合、各項目が2行以上になってしまうのが確実なので title属性で補うことにした。

もうひとつ思案中なのが「URL TRACE」。

ブログに付いたトラックバック元をURL検索、およびトラックバック元のサイト名で検索するもの。個別ページでは(その記事ごとの)コメントに記入されたURL・トラックバック先URLを検索に渡します。現状は「はてブ」、「Fブ」、「グーグル」の3種類を設定。
「えふブに必要なのは[FB!]ではなく[↑FB]」で書いた、「[↑FB](このURLを含むブックマーク)」と同じように、トラックバックや、コメントした方の記入したURLを辿るのもおもしろいと思うんです。知らない人から送られてきたトラックバックはもちろん、コメントの常連さんのサイトが、WWWでどんな繋がり方をしているのか。
とりあえずコメント欄に仮設してみた。



<li style="display:none<%comment_url>;">
<a href="http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=<%comment_url>&sort=eid">
はてなブックマーク検索</a>
</li>
<li style="display:none<%comment_url>;">
<a href="http://bookmark.fc2.com/search/url?sort=dd&size=25&url=<%comment_url>&show_image=2">
FC2ブックマーク検索</a>
</li>
<li style="display:none<%comment_url>;">
<a href="http://www.google.com/search?hl=ja&q=link%3A<%comment_url>">
Google検索</a>
</li>

style="display:none<%comment_url>;"
このようにインラインスタイルに変数を入れておけば、URLが未記入の場合、サーチアイコンが表示されなくなります。

「URL TRACE」はユーザーフォーラム雑談板で公開してみたが、今のところレスポンスはなく、私もいまひとつ改良しあぐねているので、共有登録は保留中。もうちっと思案してみます。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。