ブログに「未来」はあるか? - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場管理人のコメント「『過去』がどこかに『保存』されているという錯覚

いま、この瞬間、実在しているのは、「現在」だけであって、「過去」や「未来」は実在しない。
「過去」や「未来」は、単なる概念にすぎない。


哲学的もしくは物理的に、私たちが接することができるのは「現在」という「点」でしかありません。しかも接した瞬間にはそれは「過去」になってしまいます。明日になれば、「明日」は「今日」になってしまうので、私たちはいつまでも「明日」には辿り着けない、なんて言います(笑)。
人間の脳には「記憶」という機能があるので、「過去」という「点」をいくつも持つことができます。人間はその「点」をつなげて「線」として認識することで、「時間」の観念を発生させています。「未来」とは、過去から現在をつないだ線の延長でしかなく、過去は「存在した」もので、現在は「存在してい」ますが、未来は「存在しない」のです。
なんて観念的な話はともかく。ウェブログも「ログ」と言うだけあって、記録=過去の累積です。

先日、FC2ブログに「時間予約投稿」機能が追加されたのですが、ちょっと不思議に感じることがありました。
まず「予約記事停止」です。たとえば月曜日に投稿したエントリを、翌々日の水曜日にブログから下げてしまいたい場合、そのタイマー設定ができる機能です。ところがこれ、投稿日が「未来日付」になってしまいます。月曜日に投稿しても、停止予定日の水曜日で扱われます。もといこれは「投稿日」ではなく「停止日」の〈予告〉だと考えることもできます。予告なしに消えてしまったら閲覧者が困ることがあるかもしれませんし。

そう考えると「予約投稿」にも〈予告〉が欲しくないですか?(え、そんなことはない?) 雑誌でもTVでも「次はいついつリリース!」って次回予告&宣伝(宣言)があるじゃないですか。
たとえば記事を書き上げて予約エントリすると、カレンダーにマークが点灯するんです。「あ、エントリされた。でも公開は3日後か、待ち遠しいなあ~」と読者諸氏をじらしたりできます。その前にそこまで期待される記事を書けないと(ry
あるいは、明日・明後日・明明後日とカレンダーにフラグがたてば、「3日連続で記事が控えている」と閲覧者への予告となり、アクセスアップの効果もありそうです。煽るんであれば「次回記事の公開まで、あと○時間○分○秒」なんてカウントダウン・プラグインも欲しいですね。(だから、そこまで期待される記事が書けるのかって言うw)

「未来」を扱うウェブツールといえば、このところ話題の「グーグルカレンダー」があります。
ブログにもカレンダーはつき物ですが、これは更新フラグ程度の役割しかありません。ちょっとした予定や予告も書き込めたりすると、便利でおもしろくなると思うのですが。
エントリの時間予約だけじゃなく、コメントが一定量付くと次の記事が公開されたり、ニュースサイトなんかと連動して、試合結果がAチームの勝利なら記事A、Bチームなら記事Bと、条件分岐するのもありえます。
ウェブログとはすなわち「過去ログ」と言いえますが、ブログが「未来」もカバーすることで、また新しい可能性が出てくるような気がします。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

「IdeaClipper」

「IdeaClipper」、その後どうですか? と言うメッセージをもらいまして。
http://poets.blog12.fc2.com/blog-entry-157.html

ちょっとしたスケジュールとか、予定予告を書き込めるカレンダーを、
いまのFC2ブログの入力項目で作れないかと思案中…
「IdeaClipper」につけたかった機能ですが、さすがにムリそう。

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。