携帯端末に見たデザイン - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月末に携帯電話を機種変更しました。2~3年ごとにしか換えないので、あまり色々な機種は知らないのですが、この二機種(A1395SA と A5514SA)が、わずかな設計(デザイン)の違いで、あまりに使い勝手に差がありました。

新機種も WIN ではないので、スペックはあまり高くはありません。どちらもSANYO のグローバルパスポート・モデルで、外観からみても同系列と言っていいでしょう。

新しい方(A5514SA)は、全体的なデザインの傾向なのか、薄くなって幅は広くなっています(=前より握りづらいです)。
ディスプレイサイズは同じですが、解像度は高くなっています。待ち受け状態の壁紙も、各メニューのアイコンも動画になっていて、リソースのムダな感じです。待ち受け画面は「無地」にできたのでいいんですが、アイコンが選択したときピョコピョコ動くのは、反応が瞬間遅れているような印象を与えます。実際にはもう選択されているのですが、そのアクションが完了するまで、まだ選択されていないような気がしてしまいます。

ボタンは2つ少なくなっています。「カレンダー」と「カメラ」を起動させるボタンが減っているのです。
ボタンのグルーピングを見てみると、以前のモデル(A1395SA)は、「電源」や「受話器(通話)」ボタンの位置づけを区別しているのに対し、新モデルでは数字ボタンと同じグループにしています。
これだけの違いですが、電話番号やメールを入力するときに誤って、電源ボタンを押してしまうことがしばしばあり、たいへん不便です。

では、新機種では削減されたしまった「カメラ」ボタンを較べてみます。
旧機種では当然、カメラを1回で起動させることができます。
新機種は、中央のキーでまずメニューを呼び出し、カメラを選択します。すると「フォト」か「ムービー」かと選択が分岐し、それを選んでようやくカメラが起動します。
一応、中央キーを押し続けるだけで、たどり着くようにはなっていますが、撮影までに2ステップも多くなっています。

ちなみに、旧機種の中央キーを押してゆくと、よく使う「基本設定メニュー」へ進むことができます。

もうひとつのショートカットキー「カレンダー」を見てみます。
新機種では、メニューを呼び出し、左下の「プライベート管理」のマトリクスを選択します(マトリクス移動だけでキー2回)。さらに上から3つ目の「カレンダー」を選んで、やっとカレンダーが開きます。これでは、ぱっとカレンダーをチェックすることができません。

そこで壁紙をカレンダーに設定してみました。これは両機種とも可能なのですが、新機種では文字があまりに小さすぎます。

次にメール・ショートカットキーを比較します。
メール・ショートカット >新規作成を選択 >送信先(宛先)を選択
ここまでのステップは両機種ともおなじです。宛先を入力してみます。
新機種では各メニュー一覧が表示されます。
旧機種では最初から直接入力ができます。アドレス帳を呼び出すには、右下の「SUB」メニューから一覧を呼び出す必要があります。
アドレス登録済みの相手にメール作成をするなら、「SUB」メニュー呼び出しがないぶん、新機種のほうが1ステップ早いのですが…。

アドレス帳(電話帳)ショートカットキーは両機種ともあるので、登録済みの宛先には、そちらを使った方が早いのです。つまりメール・ショートカットキーは、未登録の送信先へ使うことを想定し、初期画面は「直接入力」で構わないのです。

アドレス帳(電話帳)を開いてみます。旧機種では1ページあたりタブが7項目(ア~マ)で、計2ページだったのに対し、新機種では5項目で、しかも2.5ページという半端。
登録してある宛先にメールを作成してみます。

旧機種ではメールアドレスを選択した時点で作成モードに移りますが、新機種ではメールアドレスだけ表示する画面が挟まります。じつはここでメールアドレスの編集もできるのですが、ここでそのモードが入る必要性は薄いでしょう。1ステップ多くなって、メール作成画面へ移りました。

アドレス帳は2.5ページに増えた割に項目は減っています。従来あった「英」「数」「なし」のタブ分類が「他」にまとめられてしまいました。
これまでは探しやすいように、頭一文字を意図的に数字にしたり、英表記にして差別化していた宛先もぜんぶ混在してしまいました。

最後に、背面のサブディスプレイを較べてみます。
新機種は、ふつうに握る方向に対し横向きのディスプレイ。その上、文字も小さく時計が見づらいです。
また、なぜか充電コードの接続口が側面に付いています。これでは、バッテリが切れかかったときに充電しながらの通話とかメールがかなりしずらいです。わざわざ側面に配置したメリットが不明です。

両機種を較べてあらためて気づいたのは、旧機種(A1395SA)の基本的な設計思想として、メニュー選択後の初期画面を「もっともよく使う」と想定されるものに設定し、それ以外の選択肢は必ず「SUB」で呼び出すようにしています。
一方、新機種(A5514SA)は、分岐した選択メニューが間に挟まるようになっています。 また、旧機種では、深い階層にあるメニューでも、同じキーを押し続けると到達できるよう配慮されています。多少深い位置にメニューを配置するしかなかったとしても、こういう設計がされていれば抵抗感は緩和されるのだと気づかされました。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

おそろい~

こんにちは!

私もA5514SAユーザーであります。グロパス対応機って選択肢が少なくて淋しいですよね。
http://877.blog2.fc2.com/blog-entry-467.html

それまで使っていたA1303SAに比べると、機能面でかなり向上しているので、自分としては満足しています。FMラジオは、聞いてませんけどね。

Re: 月太郎さま

こんばんわ!
台湾で生活始めるころはまだエリア外だったんですよ。

グロパス=非WIN 機種がもう打ち切られそうですね。
不要な機能がついているのに契約料金が高くなるのが気に入らないです。
井戸時代だったか、すでに一度CDMA1に強制変更させられてますから・・・

記事で書いているほど気に入らないってほどでもないんですが、
そもそも携帯電話依存度が低いので。

※newsing おもしろいですね。月太郎さんみつけました!

newsing

実は、耳呈さんの「まあ待て」の記事を拝見したのが
きっかけで、newsingに参加してみたんです。

コメントしたい記事があれば食いつく程度ですが、
たまに自分でピックアップしたネタが完全スルーされると切ないです(笑)。

月太郎さん@newsinger

http://newsing.jp/user/%B7%EE%C2%C0%CF%BA?list=comment
152位ですね。
かなり上位なのでは? 母数が少ないのでしょうか。
(コメントがおもしろいのでそっちを貼らせてもらいました)

ピッカー

当初より順位は上がったけど、けっこう層が厚いみたいですねー。
ポイントや順位自体に意味はなさそうだけど、なぜかユーザーに
やる気を起こさせるこの方式はナイス!です。

それにしても、コメントのページへのリンクとは、するどい。
私の、一貫性がなくてへそ曲がりな(FC2ブログのユーザーフォーラムにも似た)
コメント傾向が顕著に現れており、気恥ずかしさをおぼえます(笑)。

サルボボ・・・

登録してみました。
http://newsing.jp/user/sheng

「sheng」がだめだったら「耳呈」にしようと思いましたけど、
とれちゃったところを見ると、ユーザー数はそこまで多くないのかしら。
(sheng は先に取得されていることが多いんですが)

「サルボボ」はおもしろかったですが、サルボボって何かわかりませんでした。
<タグだけでネタバレした人

いきなり

shengさん、newsingデビューおめでとうございます!

てゆーかその初ピックはwww
コメントできねー(笑)!

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。