墨攻 兼愛と偏愛のはざまで - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劉徳華(アンディ・ラウ)主演の『墨攻』(参照)を観てきました。
華仔のご尊顔をみられただけでもういいんですが、ちょっとばかり批評など。
原作小説、コミック版ともにおもしろかっただけに映画化に関しては不安でしたが、まずまず及第点でした。
革離がスキンヘッド(中文でいえば”光頭”。文字通りテカテカ頭)じゃないのはどうなんだ? と言うのは賛否あると思います。劉徳華自身は「やってもよかったんだけど」と答えていますが、役者に髪の毛を剃らせて「体当たり演技!」とか叫んでいるのは日本くらいなものなので、ふつうはカツラを使うようです。あの『タクシードライバー』のデ・ニーロのモヒカンもカツラですから、長澤まさみさんとか綾瀬遥さん(@セカチュー)に本当に髪を剃らさせる理由がよく解りません。
なので、劉徳華も実際に剃髪する必要はなかったでしょうけど、マーケティング的に光頭の華仔なんてウケないので止めたんじゃないかと。

『墨攻』は中国の春秋戦国時代を背景に、墨家である主人公・革離の活躍を描きます。かたくなに守り通すことを「墨守」と言いますが、タイトルはこれにちなんだもの。
原作のあの何とも言えないものがなしさ… 「無常観」といえばいいのか、あれを映画ではどう表現されるか気になっていましたが、本作品また違った切り口で見せていたように思います。

「戦争は攻める側も守る側も、不条理に傷つき、人が死んでいくのだ」
そう言い放つ革離。しかし戦いが始まると、自分の仕掛けた策によって、敵兵が次々と焼け死んでゆく様を見て動揺します。あの劉徳華の演技は秀逸。
次第に革離に信頼を寄せるようになった梁の王子は、この戦いが終わった後どうするつもりかと革離に問います。
「もしいま戦っている相手、趙国が、あなたに助けを求めてきたらどうしますか?」
「墨家は”兼愛”です。助けを求められれば、分け隔てなく助けに赴きます」

また、革離を想い慕う逸悦(”いつえつ”と読むと女性らしくないので、原音に則して yi-yue と読むのが好し)からの贈り物も革離は受け取ろうとしません。
「誰かから贈り物を受ければ、そこに偏見が生じます」
誰に対しても分け隔てなく接し、理性的に判断するのが墨家の教えのようです。しかし、くりかえし自分の愛を拒絶する革離に対し逸悦は訴えます。
「あなたはそうやって”兼愛”と言います。しかし誰か一人を愛したことがなく、愛がわかりますか?」
衣服を一枚一枚脱ぎながら、身を寄せてくる逸悦を拒む革離。女性にこの台詞を言わせるところなど、脚本は実に巧みです。マクベス夫人を思い出してしまいました。

范冰冰さん演じる逸悦は原作にない人物で、映像化となると見映えとして美しい女性をどうしても登場させざるをえなくなるようです。コミック版にも娘(にゃん)という小説版にない女性キャラクターがいました。だいたいこれをやると、人物のうちひとりを女性に変更したり、取ってつけたようなヒロインが出てきたりして、却って物語がつまらなくなってしまうものですが、逸悦は物語のテーマ上、不可欠な存在となっていました。

愛する肉親を殺され、趙への復讐を叫ぶ梁の人々。梁の民衆は城内に先入していた敵方のスパイが、あどけない少女だったにも関わらずなぶり殺しにしてしまいます。
また趙の将軍・巷淹中は、「もう休戦にしよう」と訴える革離に対しこう応えます。
「大切な部下たちを、この戦いで何人も死なせてしまった。このまま終わらせては、彼らに申し訳が立たない」
「死んだ者を口実にしないでください。戦いを続ければ死者は増えるだけで、勝利によって生き返るわけではない!」

ここで描かれる人々は愛を知らぬ残忍な者ではなく、むしろ愛する故に奪いあい、争いあっています。
誰かを愛することは、すなわち「偏愛」であり、それは一方で憎悪となります。「兼愛」(分け隔てなく愛する)ということは誰も愛さないに等しいのではないか、それがこの『墨攻』のテーマかもしれません。
愛は世界に平和をもたらすのではない、にも関わらず人は愛さずにはいられないのでしょうか。

僕らなら 求め合う寂しい動物
肩を寄せるようにして 愛を歌っている
抱いたはずが突き飛ばして 包むはずが切り刻んで
撫でるつもりが引っ掻いて また愛 求める
解り合えたふりしたって 僕らは違った個体で
だけどひとつになりたくて 暗闇でもがいて もがいている
(Mr.Children 『掌』)


革離は愛する逸悦を救うべく、ふたたび炎上する城内へ身を投じます。(途中、敵から逃れるため川に落ちた逸悦を革離が救う場面は、ラストの伏線になっているのですが…)
『墨攻』は、「兼愛」と「偏愛」のはざまに立つ革離という男の物語です。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

Re: 墨攻 兼愛と偏愛のはざまで

墨攻の画でもかかねば! と帰りがけに兼ねてより欲しかったペンタブを購入。
ドライバ入れたらOSの起動が、とてつもなくおっそくなってしまったので、
おそらくアンインスコ決定…しくしく
おとなしくキャメラを購入しなかったので、sug氏かマルディちゃんの陰謀…

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。