桜の歌なんて - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジオでも有線でも、やたら桜の歌ばかり流れていて、もうお腹いっぱいです。季節の機微というのをどう考えているのでしょうか、みなさん。
え? まさに季節にぴったりじゃないかって?
私が桜に想いを馳せるのは12月か1月ですよ。もっとも寒い時期や、ようやく寒さが山を越えるころに、桜の季節に思いを馳せるのです。
これは別に私だけじゃないでしょ。妙なときに夏祭りの花火とか、銀杏の葉で黄金にそまったアスファルトの風景が懐かしくならないですか。

ひとは過ぎ去りし日々と、来る未来に思いを馳せるものなんです。…は遠きに在りて想うもの。桜が散ってしまって、ああ儚くも無常にも散ってしまったなあ、と葉桜を見上げながら桜の歌を口ずさみましょう。
そんなわけでそろそろ、夏と海の歌をパワープレイして欲しいです、DJさん。

最近、このブログだって中国語の話ばかり書いていているじゃありませんか? 住んでいたころはロクに…(略)

comment


  管理者にだけ表示を許可する

桜色

ここのテンプレートのカラーリングが桜じゃまいか。

てっきり…

季節に合わせて桜色に変更されたのかと思っていました。

ワタシは最近、真夏の海で泳ぐ夢をよく見るのですが、これも「来る未来に思いを馳せ」ているのかしら?
でももう10年くらい海では泳いでないので「過ぎ去りし日々」の方かもしれません。

季節もの

いえいえ そうですよ。 ガラにもなく季節テンプレにしてみました~。

最後に海に入ったのは小学生のときかも...
あまり外出が好きじゃない子供だったので、親がどこも連れてってくれなくなっちゃったんですが、
その最後に海に連れてってもらったときは楽しかったなあ。
海水浴場じゃないところだったんで危なかったですが。

またいつか行けると思っているうちに、こんな歳になっちゃいました(なんか泣けてきた)

Re: 桜の歌多すぎ

この数年、タイトルに「さくら」を入れれば売れるんじゃねー的な、安易に狙ったリリースが多い気がするんですよ。

少し前までは、桜の歌謡曲なんてほとんどなかったような。松田聖子「チェリーブラッサム」(1981年1月)くらい?ちょっと違うか。

毎年、年末になると新しいクリスマスソングが作られて売り出されるのと同様、日本人の季節感につけ込んだ商売が定番化してるんでしょうか。

そういうことかも

なるほど! なんで今さら桜の歌に食傷ぎみなのかと思ったら、
たしかに桜ソングが以前より急に増えましたね。
森山直太郎のと bird の「桜」は好きなんですけど~

「季節感につけ込んだ商売」
言われてみれば… 広告代理店くさいかも。

台湾に行って驚いたのが「母親節(母の日)」が、クリスマスやバレンタインどころじゃない一大イベントなんです。
1ヶ月前からガンガンTVCMで、お母さんに今年はこんなものを送ろう! と大商戦やるんですが、
どうせ商売に乗せられるんだったら、恵方巻きマルカブリするよりママにプレゼントしたほうがいいですね。

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。