3カラムズ・ブルーズ - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■even 3 columns get the blues
私がウェブログを「ウェブログ」というものだと認識して見たのは、一年半ほど前かと思います。いわゆる3カラムというやつでした。この3カラムという通称を知ったのは、FC2で初めて自分のブログを開設してからですけど。

さてこの「3カラム」ですが、初めて見た時にはものすごいハイテク機器のような気がして、ちょっとカッコいいなと思ったものです。両サイドに「コメント」やら「トラックバック」やら、その他ブログアクセサリがつらーっと並ぶ樣に憧れている人もいるのではないでしょうか。それこそコンテンツがショボくてもカッコはつきそうですしね。

私は基本的に3カラムは好きではありません。この前の回までの経緯で判るかもしれませんが、中央のカラム(記事本文・コンテンツ)を読ませるのに、うっとうしいからです。
しかし3カラムを否定してはいません。両サイドのカラムも含めてがコンテンツとなっているサイトの場合です。コメントなどのやりとりが活発なサイトや、エントリが多いサイトなどは「リーセント」機能をフルに活用して、リアルタイムに動いていく様子が見て取れて楽しいものです。またサイト内容とマッチしたアクセサリや、アフィリエイトなどもいいでしょう。

しかし、『ポエツ』を含めた私の運営するようなサイトには、あまり適していないように思います。
両サイドのカラムよりも、中央のエントリの比重が大きいからです。そこで2カラムのスキンを使用することが多くなります。


■右か? 左か?
2カラムですと、記事の入る「メインカラム」に対して、ナビゲーションなどのカラムが左右どちらかに来る形になります。
2カラム派の人はどちらか好みはあるのでしょうか? フォーラムなどのカスタマイズ板でも「左右の入れ替え」相談がありますから、何らかの理由で左右どちらが良い場合があるのでしょう。

メインに対して右側にナビゲーションカラムがあるスキンを「右メニュー」、左にあるものを「左メニュー」ととりあえず呼ぶとします。
理論的に言うと私は「右」派でした。当たり前かもしれませんが、マウスも右側、スクロールバーなども右側にあるので、操作系は右側が自然ではないかと考えたのです。
でも、今はどちらかと言うと「左」派です。私が重視しているのは「メインカラム」が読みやすいかという点なのですが、実際いくつかのスキンを使ってみると、左ナビのほうが記事が読みやすいのです。

これは感覚的なことですが、文章は左から右に読むので、本文の後さらに右側にメニューが並ぶ「右」型では、視線が記事を超えて跳び込んでしまうような感じがするのです。そこをデザインで、たとえば色調で右カラム部分を区別したり、くっきり線を引いて右サイドを分離してくれているものであれば、視線は文末で改行されます。

また、「右メニュー」は左側に記事カラムがあるわけですが、これが左側に寄りすぎている(あるいはブラウザの左端にどん着きの)テンプレートがあって、これもたいへん読みにくいのです。左メニューであれば、左端ぴったりに寄っている(つまりposition left:0px)デザインでも、本文自体は中央に来るので、その点問題は少ないです。
ほとんど「デザイン」で解決・緩和できる問題なのです(デザインの問題は時節あたりで取り上げるつもりです)が、それも含めて軍配を上げるなら「左メニュー」かもしれません。

左メニューの場合の欠点は、操作系にマウスポインタを移動する際に、メインカラムを超えて行かなければならないところです。完全にホーイルスクロールしていればあまり感じないかもしれませんが、Macなどではスクロールバーを動かしていることがあるので、マウスポインタが画面右側にあることが多いので、移動距離が長くなります。


■上メニュー 並列の発見
右か左かで悩んでいるところですが、もうひとつ「上メニュー」という形を忘れてはいけません。
たとえば『valkyrie』や『happy-sm』のようなスキンです。
pcafe(daniel)さん、happyfreeさんのスキンには上メニューのものが多いです。

それで、上メニューで注目したいのは2つの特徴です。
1つはメニュー内容自体を表示させられないこと。直列の場合であれば、延々とメニューが縦に延びても良い訳ですが、冒頭に配置した場合そういうことができなくなります(やってもいいですが、記事が下がりますね)。そこで、プルダウンだったり、スクロールバーであったり、何らかの表示の工夫をしなければなりません。

もうひとつの特徴は、兼ねてから主張していた「並列」がここにあったことです。
メニューを直列に重ねた場合、「どの順番で積むか」ということは少なからず問題になると思います。自分の使用頻度などに合わせて、メニューのどのブロックを上に持ってくるかと言うカスタマイズをしている人は少なくないのでは? 下の方に配置されたメニューブロックは画面の外に出てしまいますからね。その点、『happy-sm』はメニューがスクロールアウトしないデザインになっている点が優れています。

メニューの項目をこのように横に並べれば、文字どおり「上下関係」が発生しません。使い勝手によって一番右側にあったのほうがいい、などあるかもしれませんが、上下に並んでいたのに較べれば問題は少ないはずです。

『ポエツ』のカスタマイズでは、まず上メニューを採用した試作をします。
上で紹介したスキンは私のイメージに近いので、これらをモデルにさせてもらいたいと思います。


そういうわけで次回から、その他にも『ポエツ』スキンで採用したい(真似したい)仕様などについて取り上げます。

[カテゴリ]*blog-logy*ブログデザイン考

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。