雌雄を決する - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「雄が子供を産む動物ってなんだ?」
先日Twitter で書いてた話題ですが、もともとは友人に出題されたクイズでした。友人曰く、小学校で習ったし、アメリカ人に聞いてみてらやっぱり知っていたと。うっひゃあ、グローバルスタンダードですか、常識の範疇ですか?
翌日、答合わせをすると言うことになったので、さっそくグーグル検索! すると出て来るのは「タツノオトシゴ」。執拗に調べましたが、それ以外には出てきません(小学生で知ってるような常識と言うことなので、聞いたこともない生物はさておき)。
しかし、いくつかの説明を読むと、タツノオトシゴは「メスがオスの腹部に卵を産む」とあります。これって卵を、たとえば岩陰かなんかに産みつける代わりに、オスの腹部に産んだほうが外敵から保護できるってことで、「産んでるのはメス」であることに変わりないよねえ? と思っていました。

翌日の答合わせ。
「検索したけど満足な答は見つからなかったよ。でも答は読めたよ ……”熊”でしょ」
「はずれ! でも、なんでクマなの?」
「”雄”は音読で”ユウ”、”熊”も音読すれば”ユウ”。出題は”ユウが子供を産む”となるから、正解は”熊”。でしょ?」
「違う、頓智クイズじゃないから。正解はタツノオトシゴです」

しかし考えてみると「オスが出産する」ってこと自体がおかしんじゃないか? という疑問が湧いてきました。「メス」とは「出産する性である」とするなら、「オスが出産する」ってそもそも定義矛盾でしょう。出産するならその個体こそが「メス」なのでは。つまり、仮にタツノオトシゴはオスが出産するのだとすれば、タツノオトシゴのオスはオスではなくメスなのだよ! とか。
でも「出産する性がメス」って定義は乱暴にすぎますよね。もうちょっとマシな定義をすれば「卵(らん)を持つのが雌」、「精子を持つのが雄」でしょうか。で、一般的な胎生の場合、卵を持つメスの体内で受精されるので、「メスが出産する」ことになるわけです。
それで、もう少し調べてみると、タツノオトシゴはオスの体内で受精されるようです。つまり通常とは逆に、卵をオスの体内に入れるってことです。なので「産卵する」のはメスですが、「出産する」のはオスということになります。
よって「雄が子供を産む動物」は、「タツノオトシゴ」で正解みたいです。

[参照]BlurtIt:タツノオトシゴって雄が子供を産むんですか?

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。