ゴキブリ! - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ゴキブリとブログプラント
となりの部屋でバタバタと騒々しい音がしていたと思ったら、ゴキブリと格闘していたらしい。

翌日、驚かしてやろうと思って紙でゴキブリを作った。
黒っぽい広告の紙を楕円形に切って、ホウキの毛を接着剤でくっつけただけ。制作時間わずか15分。
こりゃウケること間違いなしと思い、隣人が帰ってくる前に、隣室のドアの前に置いて私は外出した。


私が帰ってくると、隣人の様子がどうもおかしい。
「へんな虫がドアの前に死んでいた…」とすんごい真顔で言う。
その手には乗らんぞ、と思っていたら、なんでも大家さんが来てくれてホウキで掃き出したと言う。

なにー!
隣人も大家さんも作り物と思わなかったらしい。
掃き出されていた紙ゴキを拾ってきて、隣人に投げつけたら、隣人は必死に逃げ回る。
どうやら本当にホンモノだと思っているようだ。
作り物だとわからないと冗談にもならないので、説明して私が作った物だと納得させるまで、さらに10分くらいかかった。

笑いがとりたかったのにハズした。
これはこれで笑える結果だけど狙いと違った。


ブログプラントの反響も狙いと全然違った。そういう意味ではハズしている。
なんかすごい好評価だ\(T▽T)/

「プッ。なんかヘンなもの作ってんなー」
くらいのウケが取れれば、私の小さな胸は幸せでいっぱいだったのです。
なんちってw。


以前から考えていたことですが、創作意欲というのには2種類ありまして、誰かに見せたくて、反響があってこそやるものと、そうでないものがあります。

たとえば、戦争だか災害で人類のほとんどが滅んで、自分の周りには自分一人しか生き残っていないと言う、ありがちな架空の設定だとします。
その状態で、どこまでオシャレをするかなあ、と想像してみます。

自分の気持ちを高揚させるオシャレなら、誰が見てくれなくてもやるし、人目を意識してのものならやらなくなるでしょう。

世界にただ一人になろうが、私はきっともくもくとデザインしたり、絵を描いたり続けてるだろうなあ、と情景を思い浮かべます。
しかし、見てくれる人がいなくて、反応がないなら作らなくなるものもあります。

ブログプラントは後者。
反響がもらえるって、本当に創作意欲に繋がります。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

怖すぎます

ホントに耳呈さんが作ったんですかーー???どんだけ器用なんですかー?!
我が家にこんなのいたら、確実にパニックです。119番通報しかねません(涙)

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。