デザインについて考える - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だらだら考えていたのですが、新しいスキンの構成がなんとなく決まってきました。
スキンではありませんが、制作中に考えていた「デザイン」のことについて少し書いてみます。
兼ねてから主張しているように、「デザイン」とは必ずしも「外観(視覚的要素)」のみのことではありません。もちろん見た目が機能性や使い勝手と直結している部分もあります。

Macユーザーならご存知の方も多いかもしれませんが、現行のアップルのノート機には、ある共通の特徴があります。


iBook

ノートを開いたときに、ディスプレイ側が後ろに回り込むのです。
これはPowerBook(チタニウムモデルまでは違います)、iBookとも同様です。量販店でPCを見較べてみたのですが、このスタイルはアップルでのみ採用されています。
ヒンジ(蝶番に相当する接合部)が内側に組み込まれているので、構造としては一般的なものより少し複雑です。なぜ、このようなスタイルになっているのか、実利的に関係してくる諸要素を挙げてみます。(これら諸要素は雑誌で読んだか、サイトにあった一般的な批評です)



1)ヒンジ(接合部)が角や外側にない構造のほうが、接触時(ノートは持ち歩きを想定するとその確率は高くなる)に毀損しにくい。

2)ディスプレイ部で塞がれるので、背面部にインターフェイス(電源やスロット)を配置できない。

3)180度まで開けない。

4)開いた時の「高さ」が一般的なものより低くなる。

1、はメリットですが、外側にヒンジのあるPCがそこまで破損しやすいと言う話は聞いたことがないので、あえてやる必要性が高いかは疑問。

2、はデメリット。一般的なノート機では背面にインターフェイスが多いのですが、アップルのノート機は言うまでもなく、基本的に片側(左)にそれらが集められています。

たとえばマウスは左側のUSBスロットに繋ぐのですが、私は右手で使うので、ケーブルは背面を回してこなければならない。電源ケーブルは右側に繋ぐのですが、今、部屋にある電源口は左側の壁なので、これも背面を回さなければならない。

で、背面にコードを回すと、ノートを開いたときに関節部のすき間に挟まってしまう。
背面にしておいてくれれば、ケーブルを左右どちらへ伸ばすのでも対応しやすいのですが…。

3、はそこまで開く必要性は薄いので、考慮しないことにします。
4、はあまり実利的な問題はないでしょう。

では、なぜこのようなデザインになっているかという結論ですが、やはり1、の理由ではないでしょうか。
正確にはもうひとつの理由があります。
ヒンジのような接合部分や、突起する部分は極力なくしてしまいたかったからでしょう。
アップルのノート機を閉じて、他機種と見較べれば一目瞭然ですが、突起やオウトツ、接合部は少なく、基本的に「一枚の四角い板」のようです。

これは近年のアップルのプロダクトデザインすべてに通底することでもあります。第三世代iMacは、ほとんど四角いだけの画面にL字型の脚(スタンド)が付いているだけで、装飾的な部分はありません。
iPodファミリーはどうでしょう。
iPod mini(シリーズは生産終了しましたが)に到っては、一枚のアルミの板に小さな□と○(画面とホーイル)が付いているだけ。

■メタ・デザインなのか?
少し前にどこかのサイト(失念してしまいました)で、これらを評して、
デザインを放棄したところにあるデザイン、
デザイン以前の位置にあるもの、
のようなことを書かれているのを見ました。

「デザイン」と言う作業が、「機能を備えていくと自然とできてくるその形」に何かを付加してゆくことだとすれば、アップルのデザインはそれを放棄している、といった意味でしょう。(ただiPodの「ホイール」のデザインについては適用できる論理なのか、私としては保留します)

限りなくただの四角形であったり、一枚のアルミ板だったり、白色であったりと、素材そのもの、要素そのものであることの美しさの「再発見」といえばいいかもしれません。
しかし、それが「そのまま、ありのまま」かと言うと、話は冒頭に戻ります。
できるだけ突起のない一枚の板にするために、わざわざヒンジ部を内側に入れるという不自然(?)な構造にすること。それが良いことなのか悪いことなのか。
ノート機に関しては一般的な形で開いて欲しいと思うのですが、デザインのあり方、追及姿勢、という点で、そんなアップルを評価しています。

[related]*論評

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。