思慕的人 - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zontongfu.jpg

本年のエポックのひとつと言えば『老鼠愛大米』のヒットがあげられる。
といっても『およげ! たいやきくん』とは違って、単にヒットと言うよりも、歌い継がれる新たなスタンダードナンバーが誕生したと言うべきだろう。
(実は、ホリー・コール版の「コーリング・ユー」がヒットした時に、「新たなジャズスタンダードの誕生」と評されたのを踏襲してみた)

ちなみに日本での『老鼠愛大米』の扱われかたについて不明なのだが、韓国でもカバーが決まったらしい。

『老鼠愛大米』のヒットについては『絵文録ことのは』でも何回か考察がなされているので、そちらをご覧いただければいいと思います。

実はここで書きたいのは別のことなのですが、『老鼠愛大米』について少し付け足しておきます。

あなたが好き あなたを愛してます
ネズミが米をかじるのが好きなように
あなたのことをずっと愛し続けます


サビの歌詞を自分なりに意訳(誤訳でないことを願う…)してみたのですが、ネズミが…と言う喩えは日本人には少し直感的ではないかもしれませんが、別の言い方をすると、多分に童謡的・民謡的な古典としての要素を持っているともいえます。

基本的には恋人への愛なのでしょうが、歌詞としては肉親や友人、それ以外のものへの愛着であっても不自然ではありません。
それ以上にこの歌の特性として、私がひとつ強調したいのは、どんな唄い方にでもこの歌は馴染んでしまうことです。
実際にtwinsのようなアイドルの女の子を含め、すでに多くの歌手がカバーをしているのですが、ダメおやじがぼやくように唄おうと、平良とみさん(おばあ)が俚謡のように唄っても、都会的な女性が唄っても、ダメサラリーマンがネクタイ鉢巻きしながら唄っても、皆それぞれの色(物語)に変化しフィットしてしまう歌だと思います。


それはさておき、私が今回取り上げたい本題は『思慕的人』です。
映画『天使の涙』で、非常に印象的な使われ方をしていて、私を含め、映画でこの曲を知った方も多いと思います。
その当時はこれが台湾語で唄われていることに気づいていませんでした。学生の頃、台湾に観光に来た際、いろいろなバージョンが街頭で流れているのを耳にしていたので、有名な歌なのだろうなとは思っていました。

少し前に調べてみたところ、これが1950年初頭に作られた曲!
すでに半世紀が経っていたとは。
『老鼠愛大米』と並べた理由としては、『思慕的人』と(私の情緒コミで)共通するニオイを感じるからです。
さすがに『思慕的人』はアレンジ以前にメロディーライン全体が時代を感じさせます。
とは言え『老鼠愛大米』と同様、誰がどんな風に唄っても好い~恋人へ、父母へ、友達へ、初恋の思い出へ、過ぎ去りし日々へ…何に対して唄われてもよい曲です。

『天使の涙』から入ってしまうと、この曲が入るワンシーンの印象が強すぎて、そこがオリジンになってしまうやもしれません。
以下で様々なバージョンの『思慕的人』を聴くことができます。
(繁體中国語エンコード。1曲終わると次のバージョンが始まります。スキップの仕方は不明)
http://staff.whsh.tc.edu.tw/~huanyin/music/l/love_sick.php

参考:http://blog.twblog.net/brookmeow/archives/003204.html

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

iPodと中国語と青春アミーゴ

中年おやじとiPod?一番似合わない組み合わせですがいつも愛用しています。特に日本に居る時の通勤には欠かせませんね。聴いている曲は自分が若かったころの80年代の洋楽と中国語の曲ですが、最近はもっぱら中国語の曲ですね。孫燕姿、陳慧琳、容祖兒、王力宏、胡彦斌(ほん

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。