世界の5% ~嫌窓厨にささぐ - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共有テンプレートは相変わらずの勢いで増えていますが、Safariで激しく崩れているものが多いです。一応Firefox、Operaでも観て大丈夫なら、「Safari特有の問題かな」とブラウザのせいにするのですが、どれでも崩れているものは「WinIEのみ対応」の可能性大でしょうか。
(もちろん多少の表示ズレは許容範囲です。特に問題なのは、文章を読むのが困難な状態まで崩れているものです。)

そんなのでもDL数を見ると数十人が使っている。累積すれば数百人以上の方のブログはMac(WinIE以外)では、もう読むことが困難なほど表示がガタガタになっているはず。
しかも当人はそれに気づく機会は少ない。
そんなものをポイポイ配付していいのでしょうか。
少数はとは言え、ここ数年でMacユーザーの数が増えていることは、身近に実感しています。

と思ったらKawaさんのブログにこんなのあったよ…

LeopardのFinderは今までとは違う?

こんなに使いやすいOSなのになんでシェアが5%ほどなのか…といってみるテスト。


(;´Д`)世界規模だと5%ナノね…。
日本国内なら確実に増えていると思うけど。

そういえば、友人とか身の回りにも買い替えるたびに、Win→Macへ、あるいはMac→Winに乗り換えるひとがチラホラいるけど、そんなに気軽に変えられるものなんですか??

と、考えてみると使用範囲がメールとweb閲覧(ブログ更新)、あとExcelちょっとまでならどっち使っても大差ないものね。
私はいまさらWinに乗り換えできませんし、アップルシンパ(信者ではない)ですが、WinとMacの優劣比較は好きじゃありません。

マカーの中にはことさらにWinをバカにする方もいますが、それこそ「嫌窓厨」と呼びたくなってしまいます。
Winにとっても、Macにとっても不幸なのは、この両者が「同じコンピュータ」扱いされていることです。
考えてみてください。「同じ人間、ヒト科」だけど「男」と「女」は同じですか?
ほら、奇しくもW(-in、-oman)とM(-ac、-an)。

両者は補いあって存在するもの。どちらのOSにも一長一短があります。
知り合いのプログラマいわく、このふたつはシステムから違うのだから単純に比較すること自体無意味とか。
表層の一部にしか触れない我々には、どっちも同じ「パソコン」になっちゃうんでしょうね。

※手塚治虫の絶筆に「MW(ムウ)」ってのがありましたね。
※キレイに収まったけどL(inux)はどうすんだ。


FC2巡回をしていたら、すてきなスキンを見つけて、何日か通っていたのだけど、そこのオリジナルじゃなくて、共有登録されているスキンでした…ゴメンナサイ。
いいわけと言うか、ヘッドの画像がランダムに変わるから、共有のサムネと印象が違ってたので。

こちら、id「number52」さんの登録されているスキンです。
10月現在、5点登録されてますが、どれも爽やかな印象で表示崩れもほとんどなし。
ほんと〈デザイン〉って言葉がぴったりくるお手本。
ランダム画像の中でも上の写真は、私がつい去年まで一人暮らししてた、世田谷線沿線を思い出させてくれるのでお気に入りです。

[カテゴリ]*fc2note

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。