もしドナルドが100人の群れだったら - ポエツ | poets

Logs

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【中と薬の間に】
およそ一年間、たばこになんて慰めてもらわずにやってきたのに、二箱目に手を付けているこのざま。
セイラム・ピアニシモは中指と薬指の間に。
21歳で初めて喫煙した時から、たばこは中指と薬指で挟むものと決まっていた。

「めずらしいね、なんで?」と聞かれる度に「余ったひとさし指で、鼻が掻ける」と答えてみる。
確か、いや、たぶんジャームッシュ。

中指と薬指の間には 今日も小さな火が灯る
君が笑ってくれるなら 僕は灰にでもなる


【戻せ!】
MacOSXのメーラーには「戻す」機能がついていて、先方にメールが届かなかったように偽装するわけだが、効果があったためしがない。

業者のはともかく、面倒な知人とかは「メール出したら返ってきちゃったんですけど、どうして…云々」と言う質問メールが来て、それを「戻す」とまた「メール出したら返ってきちゃったんですけど、どうして…云々」と再送信されてくるので、また「戻す」と…
それでも今日も「戻す」を押す私。


【もしドナルドが100人の群れだったら】
その価格差はどこからくるのか?
ハンバーガーとチーズバーガーの価格差はチーズ1枚分ですか?
フラッグシップモデルとの価格差はクロック速度0.5GHz分ですか?

結論から言いますと、
商品(製品)の価格帯の設定には、原材料費からを含むコストに基づく算出と、「消費者の選択の喜び」を設定するため、のどちらが大きな要素となるかを考察。
結論が先に書いてあるのは起から結へ到らなかったから。

まず、ハンバーガー(100円)とチーズバーガー(120円)の価格を均して、110円にします。
プレーンなハンバーガーを買う人は損(した気分)になり、チーズバーガーを買う人は得(した気分)になります。
では、みんながチーズバーガーを買うようになるかと言えば、チーズが嫌いな人もいますから、ハンバーガーの売り上げが壊滅するまでは到らない(と予想します)。
※チーズバーガーがデフォルトの場合、「チーズバーガーのチーズ抜き」と言う特注になるのでむしろ高価に…と言うのは別件で。

次に敷延して、プレーンバーガーから、最上価格の3段重ね「キングバーガー」(250円)までの計6品目の価格も均して180円とします。
この時点で「価格差」と言う選択決定の大きな要素がひとつ消失します。
そこで気づくのは我々消費者に重要なのは、製品の「スペック差」にもまして、安い買物をしたと言うオトク感と、高価なものを奮発して買ったと言うリッチ感であり…
(以下略…)

【君が嗤ってくれるなら】
「灰汁」と書けば「あく」と読めるな。

【タルト】
ゲシュタルト崩壊は視覚的に入ってくるものだけに起こるわけではないはず。
だって何回も聴き込んでいると…。

comment


  管理者にだけ表示を許可する

trackback

ひとは価格を買っている

いらっしゃいませ。こちらはキヤマル・ハンバーガー店です。 ちょっと心理テストをしてみましょう。 4種類のハンバーガーの中から、どれか好きなものをひとつ選んで買ってください。お金はだいじょうぶですか。価格はみんな違うのでお財布とよく相談してください。 え、ゴ

用FC2,寫部落格日誌也都簡單阿!

検索語抽出

ポップアップ・コメント

poets designed

Ajax検索
AD

台湾留学 完全サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。